仙北市で“結果のでる”整体をお探しなら 

院長・スタッフの紹介

画像の説明

院長紹介

画像の説明

湯澤浩一(ゆざわ こういち)
1970年3月 秋田県仙北市角館町に健康食品会社の
長男として生まれる。

私が治療家になったきっかけは中学時代からの
空手の怪我でした。

■治療家
■心理カウンセラー
■NPO法人姿勢診断士
■空手四段
■書道初段

誕生

画像の説明

はじめまして、からだ回復センター角館の湯澤浩一です。

みちのくの小京都「角館」で生まれ、それからずっと角館に住み、
角館で育つ、根っからの角館っ子です! 子供時代は本気で仮面ライダーやウルトラマンになりたくて ヒーローごっこばかりしていた記憶があります。

幼い頃から強さへの憧れはあったようです。

小中学生

画像の説明

中学では小学校からやっていた野球部に所属し、打率は低いが当たればホームラン(笑)の3番バッターとして活躍しました。

そして当時はプロレスブームで
私の部屋の壁はプロレスラーのポスター
だらけになるくらいプロレスが好きになり(笑)

特にタイガーマスクの蹴り技に憧れて空手を習いはじめました。

高校生

画像の説明

強さへの憧れは益々強くなり、空手こそ青春そのものでした。高校生活では空手漬けの毎日で県の代表選手に選ばれるほど強くなり、その過程で継続する努力があれば人は変わることができることにも気づき、今でもそのことが私の精神軸になっています。

社会人

高校を卒業し地元の企業に就職をしました。
社会人になってからも空手は続けいて大会にも出場し 東北大会では何回か優勝することができて全日本大会にも 出場できるレベルになりました。

ただし、レベルがあがるにつれて稽古量も増え、残業で遅くなる時には稽古が終わるのが夜中の12時を過ぎることもあり、だんだん私のカラダは怪我が絶えなくボロボロになり、「この痛みさえなければ・・・」と大会で結果がでず悩み泣いたこともありました。

画像の説明

そんな時、色んな治療所へ行きましたがその中でも慢性腰痛・頚椎ヘルニア・膝関節亜脱臼とボロボロな私の体を救ったのが整体でした。

最終的にこの仕事への決心は私と同じく苦しんでいる人を楽にしてあげたいという想いからでした。

そして、私は退職し治療家になるために地元を離れ、花の都大東京に飛んだのです。

修行時代

画像の説明

2000年2月、私は東京青山にある整体スクールに入校し2年の臨床を終え2002年7月に地元角館に開院しました。

しかし、夢と現実のギャップは激しく経済的にも厳しくなり家族に心配をかけました。でも、ここで負けるわけにはいかないので治療技術の研究はもちろんのこと経営のこともかなり勉強し、2004年には静岡県の整体スクールに入学し治療家としてのレベルもあがり、2007年からは整体学校の講師として東京や静岡で多くの治療家を育成しました。

画像の説明

そして現在

画像の説明
現在では地域の皆様のお気持ちに支えられ、
たくさんの方に足を運んでもらい年間施術回数3000回を超える人気整体院になり、リクルート雑誌「アントレ」の社会に貢献するビジネスとして取り上げられるほど、社会にも認められる整体院になりました。

そして、中学生から始めた空手は現在も続けていて、県内6ヶ所にある実戦空手道武心会の師範として治療が終わると毎日道場に向かい子供達に稽古をつけています。

これからも、常に勉強をし続け患者さんに還元できるよう、頑張っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

趣味

■ドライブ(でも、すぐに眠くなるので長距離NGです)
■アコースティックギター(長渕剛や福山雅治の弾き語りが得意です)

画像の説明

■読書(自己啓発やビジネス書ばっかり、あと格闘技雑誌も)
■空手(これは趣味の域をこえているかも・・・?)
■ラーメン(体重が増えなければ朝昼晩ラーメンでもOKです!)

性格

■典型的なAB型で新しいものには1度は手を出さないと気がすまないタイプ。
■根っからの負けず嫌いで、果敢に競争を挑む傾向がある。
■一度興味を持つと止まらない行動力。
■基本的に明るい
■基本的に人見知り
■基本的にナマケモノ
■一度決めたことをあきらめない

特徴

■体がデカイです(身長178㎝体重85キロ)
■胸板がかなり厚い(おかげで着れる服が少ない)
■実年齢よりも若くみられる(空手で鍛えているから?)
■手が暖かい(患者さんに湯たんぽより暖かいとよく言われる)
■手足がでかい(靴のサイズは29cm)

受付スタッフ紹介

画像の説明

湯澤 由紀子(ゆざわ ゆきこ)

1973年3月 秋田県大仙市太田町に鉄工所勤務の父、調理師の母の長女として生まれる。

私が医療に携わる職業につきたいと思ったのは高校時の父の入院がきっかけでした。

■歯科医療事務2級

■歯科助手

■珠算2級

誕生

はじめまして、からだ回復センター角館の湯澤由紀子です。

大仙市太田町の大自然に囲まれた中で育ち、小さいころは、幼馴染が男の子ばかりだったので、木登り、カブトムシとり、川遊びなど男の子が遊ぶようなことばかりしてました。今考えると・・・おしゃべりでお転婆で 親は大変だったんじゃないかなぁ・・・と思います(笑)

兄と10歳はなれて生まれたので、みんなから甘やかされて育ったのが原因かもしれませんね。

中学生

中学では、アタックNO・1に憧れて、バレーボールを始めました。

ジャンプ力は人一倍あったので、バレーをやれば、背が伸びるかも・・・と淡い期待を持ち続けましたが・・・背は伸びず(笑)今に至ります。

そして、陸上にも借り出されましたが、タイムが伸びず、マネージャーに専念。そのとき、人のために尽くすこと、サポートする喜びを知りました。

高校生

画像の説明

角館高校に入学し、雨、冬期間以外は自転車で50分かけて通学しました。昔は当たり前でしたが、今考えるとよく通ったものだと思います。

そのとき、足腰が鍛えられたせいで、立派な腿になった!?のかも。 高校でも陸上部のマネージャーとして、監督、選手のサポートに専念しました。

社会人

高校のとき、父が仕事中のゲガで入院し、病院で働く人々をみて、「私も医療に携わる仕事がしたい」と強く思っていました。

卒業後、秋田市にある歯科医院の受付の職につきました。勤務しながら、医療事務、歯科助手の資格も取得し、結婚、出産前まで歯科医院に勤務しました。

そして現在

町内の薬局で働いていましたが、院長(主人)の仕事を手伝うために退職し、現在に至ります。

私は院長のように体を整えたりはできませんが、患者さんの心のケアはできると思っています。心と体は連動しています。 話すことでストレスを解消できたりすることもありますので、ここに来たときは、心の荷物をひとつ下ろして いってください。

そして薬局、歯科医院の勤務経験があるので、お薬のこと、歯のことは多少わかります。疑問があったら、何でも聞いてくださいね。

趣味

■料理研究
(節約レシピなど検索しては作ってみたり、外食に行ったとき美味しかった料理は材料や味覚をまねて作ってみたりしています。)
■ケーキ作り(子供の誕生日ケーキはいつも手作りです。)
■スポーツ観戦
(体育会系なのでつい熱くなり、観戦中はつい、大きな声で応援してしまうことも・・・)
■一攫千金を夢見て、宝くじを買うこと(笑)

性格

■几帳面なA型ではなく、ズボラなA型です。
■社交的
■明るい
■一度会った人の顔は忘れない
■名前を覚えるのが得意
■物事にとりかかるまで、長くかかるが一旦、とりかかると最後までやり通す。
■明日は明日の風がふくタイプ
(起こってしまったことは仕様がない。さぁ、次のことを考えよう!!と切り替えがとても早い。)

当院について

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

受付時間

受付時間
10:00~12:00×
14:00~18:00////×
14:00~20:00//×

休診日

日曜日・祝日・その他
※講師活動や遠征等で休診になることもあるので詳細は電話にてご確認ください。

画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional